車をローン途中でも売れるの?

自動車をローンを組んで購入する人も多いかと思います。
今ではそれが当たり前で現金一括で新車を購入することができるのはよほど経済的に潤っている方だけでしょう。
そういった自動車ローンを組んで買った車を新しい車に乗り換えたいとか、急に現金が必要になったということで買取店などで売ることもあるでしょう。
その時にまだ自動車ローンが残っている状態の方は売る時には少々面倒なことになりますが売れない訳ではありません。

 

車を売るという行動は金銭的なものを除いて考えるとその名義を別の人のものにするということになります。
その時に自分の名義であれば何のことはない、自分から買取店へ名義変更すればいいだけのことなのですが、自分の車で他人名義になっているパターンもあるのです。
実はそれが自動車ローンを組んで車を買った人たちで自分の車でありながら名義はその自動車ローンを組んだ銀行なり、信販会社なりとなっており、事実上、そこから車を借りているにすぎません。
借りものを勝手に売ってはいけません、売るために借りものから自分のものにしてからでないと車を売ることができないのです。

 

その名義を自動車ローンを組んだところから自分のものにするには所有権解除という手続きを粉わなければならず、これを行うのには残ったローンをすべて完済しなければなりません。
しかしローンで買ったぐらいですからローン残高を一括で支払うことはかなり難しいと思われ、それもできないということになってしまいますが、安心してください。

 

買取店などではこういった方のために車を売却したお金をそれに充てて、名義をオーナーのものとしそれから名義変更手続きを行ってくれます。
時系列的には前後しますがそういった形でローン返済中の車でも買取ることできるようにしているのです。
当然ながら手にする現金は少なくなりますが、もしかしたらそれで足りず現金を追加しなければならないかもしれませんが売却自体はすることができます。

ローン中の車を賢く高く売る方法

自動車ローンを組んで購入し、まだそれの返済中である場合、売却する時には自分名義の車を売る時よりも更に所有権解除などの手続きを行わなければならないのですが、
そういった場合でも買取店ではそういった手続きも含めた一連の流れを持っているので安心して売ることができます。
通常パターンでは売却したお金をローンの残金のあてることにして、前もって所有権をオーナーのものとし、それから名義変更を行うというやり方をとります。

 

もう一つのパターンは売却金額をもってしてもローン残高を満たすことができなかった場合ですが、こちらもそういった方のための対策が用意されていて、
足りない分を現金で支払うことができるのであればいいのですができない場合はその差額分のローンをまた組んで返済していくという方法をとります。
通称残債ローンといわれるものですが、これでお金を借りて足りない分を満たすということになります。
ただ、これを使うと売ってしまった車のためにまたローンを返済しなければならないという何とも言い難い状況になってしまいますし、売るためにお金をまた借りるという本末転倒なことにもなってしまいます。
これをできるだけなくすにはあとは売却時の買取金額を高くしてもらうしかありません。

 

いろいろな方法があるとは思いますが、高く売ろうとするのではなく、高く買ってくれるところを探すのが一番だと思います。
買取店と銘打って商売をしているところはほぼこういったローンが残っている場合でも対応できるようになっているのでとりあえずは選び放題です。
そしてその選び方ですが、店構えを見て選ぶのではなく実際にいくらぐらいで買い取ってくれるのかということで比較しましょう。
そういった場合に大活躍するのが一括査定サイトというもの、ここなら1回のオンライン査定申し込みで複数の買取店の暫定的な査定額を知ることができるので、その金額を眺めながら一番高いところを探し、少しでも現金負担あるいは残債ローンの負担を減らすとよいでしょう。

更新履歴